2011年05月29日

はじめに〜引越しの際の冷蔵庫の基本〜

引越しとはいろいろ大変な作業が多く憂鬱な面も多いですが、それでも新しい生活の第一歩として、ワクワクするような楽しみな出来事でもありますよね。

 

その引越し作業の中でもとりわけ大変なのが、テレビや冷蔵庫といった電化製品の購入・または片付けだと思います。

 

新しく購入するにしても冷蔵庫などの電化製品は、省エネ機能やサイズ・用途に応じた内部の構造などいろいろ考える面が多く、またすぐに買い換えるようなものでもありませんので購入する際の判断がとても難しいものではないでしょうか。

 

また、もし今冷蔵庫を所有していてそれを引越し先に持っていく場合も、中の片付けや今持っている冷蔵庫が製造年等の関係でこれからも使えるのかどうかなど、いろいろ頭を悩ませる問題が山積みです。

 

そこでここでは少しでも皆さんの役に立てるよう、引越しの際の冷蔵庫の基本についてお話させてもらおうと思います。

 

例えば冷蔵庫を新しく購入する際どんなことに気をつけた方がいいのか、など新しく冷蔵庫を買う際の事や、今すでに冷蔵庫を持っている場合のその冷蔵庫がまだ使い続けれるのかどうかのお話。

または冷蔵庫を買うにしろ買わずに持っていくにしろ、引越し先に冷蔵庫を配送するときに気をつける事や、今ある冷蔵庫を持っていく場合の中の片付け方などのお話です。

 

引越しの際の冷蔵庫、という引越し作業の中のほんの一部分のお話ですが、たった一部分でもこれから引越しをする皆さんの頭を悩ませる要因を取り除く為に、この文章がお役に立てれば嬉しく思います。

 

どうぞ、読んでいって下さいね。



posted by 冷蔵庫引越し at 14:00| はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷蔵庫の選び方

冷蔵庫を買うとき皆さんはどんな事を考えるでしょうか。

 

一口に“冷蔵庫”と言っても、見た目でも機能でも千差万別です。

せっかく引越し先で新生活を始めるのですから、自分の始める新生活にふさわしい冷蔵庫を選びたいですよね。

 

まず、“引越し”と“冷蔵庫”の二つのキーワードから考えると、引越しをするときは持ち運びしやすく、新しい引越し先に落ち着いた後は部屋の家具の配置換えなどのときには動かしやすいワンドアタイプの冷蔵庫が思い浮かびます。

そう、ビジネスホテルや旅館などの備え付けでよくある四角形のあのタイプです。

 

次に“引越し先で使う冷蔵庫”という風に考えると、引越し先で送る自分の生活にあった冷蔵庫を想像します。

そこで大事な事がこれから新生活を始めるあなたの生活スタイルです。

 

あなたは料理をよく作る人ですか?

また、就業しての新生活なのか、それとも進学しての新生活なのかは分かりませんが、これから新しく始まる生活は自宅に居る時間が少なく忙しいものですか?

 

料理をよく作る人は言わずともわかると思いますが、冷蔵庫はよく使いますよね。

その場合ワンドアタイプのような小型の冷蔵庫だと、始めはよくても後々物足りなくなってしまいます。

 

また、家に居る時間が少ない忙しい方はその逆です。

家に居ないなら冷蔵庫に入れる食材を多く買う事はありませんし、買っても使いきれず困った事になってしまいますよね。

その場合小型の冷蔵庫で十分に事足ります。

 

長々と書きましたが、ようは引越し先の新生活にあったタイプの冷蔵庫を選びましょうという事です。とても簡単な事でしょう?

posted by 冷蔵庫引越し at 13:00| 冷蔵庫の購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

冷蔵庫の種類

冷蔵庫の種類なのですが、先程少し書いたように見た目で分かる違いとして、【大きさ】【ドアの数】があります。

 

冷蔵庫を種類わけすると基準になるのがその【ドアの数】です。

 

基本的に冷蔵庫の種類わけとしては【容量】で違いをつけていますが、家電製品に詳しくない人に「100リットルの冷蔵庫はどうでしょう?」などと聞いても100リットルがどのくらいのものかわかりませんし、返事のし様がありませんよね。

引越しをする際そういったことに詳しい友人が居てくれればいいのですが、そう都合よくもいきませんし。

 

ですが「2ドアタイプの冷蔵庫はどうでしょうか?」などドアの数を言ってもらえれば、その冷蔵庫がどのくらいのサイズなのか、どういったタイプのものなのかなんとなく想像がつきます。

 

引越し先の新居に冷蔵庫を置くスペースもいりますが、その時も「この場所なら100リットルサイズの冷蔵庫が入りますよ」と言われるより「この場所なら2ドアタイプの冷蔵庫が入りますよ」と言われたほうがわかりやすいですよね。

 

ですのでここでは【ドアの数】で冷蔵庫の種類訳をさせてもらいます。

 

まず1ドアタイプのもの。

これは引越しの際持ち運びがしやすいという利点がありますが、見た目どうり容量があまりありませんので冷蔵庫をほとんど使わないと確信している人向きですね。

 

次に2ドアタイプのもの。

これはほとんどの人が【冷蔵庫】といわれてすぐ頭に思い浮かぶタイプのものではないでしょうか。

2ドアでも多少容量や大きさの違いはありますが、単身者でとてもよく料理をする方や、12人で使用するタイプのものですね。

 

最後に3〜4ドアタイプのもの。

これは冷蔵庫の中で一番大きい種類の物になります。

大きい分引越し時に動かすのがとても大変ですが、育ち盛りのお子さんがいる家庭や、

2,3世帯で住んでいる大家族の方には容量的にぴったりです。

 

冷蔵庫をおおまかに種類わけしてこのようになりましたが、どうでしょうか?

 

小さいものは持ち運びしやすく、大きいものは引越し時に大変な反面使い道が多い等いい点も悪い点も多々ありますが、いい点悪い点全てを考えて貴方に合った冷蔵庫が見つかるよう、祈っています。



posted by 冷蔵庫引越し at 15:00| 冷蔵庫の購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。